トップページ > 無痛インプラント

 無痛インプラント(静脈内鎮静麻酔)

静脈内鎮静麻酔とは ・・・・・・
麻酔専門医が問診を行い、鎮静剤を投与し、局所麻酔を併用します。 これによりインプラント手術に対する不安や痛み、 術中に口をあけたままの状態でいることなどの精神的・身体的ストレスを無くすことが出来ます。

また、インプラント手術中は麻酔専門医が血圧や血中酸素飽和度を管理し、 常に細心の注意を払っているため安心して治療が行えます。
  麻酔医 中島 慶治 手術中は患者さんの意識はあり(少しボーッとした状態で)、 ご自分での意思表示やこちら側の呼びかけに対しても答えることが可能です。 時間の経過の感覚はあまり無く、1〜2時間の手術が、20〜30分程度で終わったように感じられます。

手術が終わった後はしばらく休んでいただき、 寝ぼけたような状態から覚めて思考が明瞭になり、 歩行運動などのチェックをした後、ご帰宅していただきます。




Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) 市川・船橋インプラントセンター All Rights Reserved.