トップページ > 歯を抜けたまま放置すると

 歯を抜けたまま放置すると

歯が抜けたまま放置しておくと、臨在する他の歯が移動します。
また、いくつかの歯を抜けたままにしておくと残りの歯が大きく傾き、 挺出し(歯が出てきてしまうこと)、歯並びが大幅に変化します。 上と下の顎の位置関係が狂い、噛み合せも悪くなり、 顎にかかる負担も大きく顎関節症等になることもあります。 一方これを治すのに矯正をした場合、治療に1〜2年位かかります。

また、歯が抜けたままだと、
咬む力が弱くなります。特に大臼歯は噛み合せにとても大切で、 1本欠損するだけで咀しゃく効率がかなり低くなります。 そのため十分に咬めないので胃腸に負担がかかります。 良く噛めなくなると気持ちにまで影響します。元気がなくなり自信も揺らいできます。 年齢により顔が老化します。歯を回復し、良く咬めるようになると顔も若返ります。


Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) 市川・船橋インプラントセンター All Rights Reserved.