トップページ > インプラントのメリット〜失った歯を回復するには

 インプラントのメリット〜失った歯を回復するには

歯が抜けてしまったら・・・

ブリッジを入れた場合

ブリッジ ブリッジは歯が抜けてしまった箇所の両隣に歯が残っているときに適用されます。 まず、抜けた歯の両隣の歯を削り、支台を形成します。 そこに連なった義歯をかぶせます。 まるで支台と支台を結ぶ橋(ブリッジ)のようになります。 あとはブリッジを口の中に装着し、かみ合わせの調整を行い固定します。

ブリッジは使用上違和感もなく、 材質によっては入れ歯であることがほとんどわかりません。 しかし人工歯の部分の負担が支台歯にかかり、歯ぐきを痛める原因になります。 そのため、抜けた歯が多い場合はブリッジができない場合もあります。 また、支台歯はむし歯や歯周病にかかりやすいので、 よくブラッシングすることが大切です。

入れ歯を入れた場合

入れ歯入れ歯 入れ歯は、歯肉に合わせた床というものに人工歯を取り付け、 クラスプとよばれるバネを使ってほかの歯に固定させる方法です。 取り外しが可能で失った歯が多い場合に適用されます。 物をかんだときの負担は床を通じて歯ぐきに直接かかる為、 痛みが出でしまう場合があり、 クラスプをかけた歯には噛むたびに負担がかかり、 その歯の寿命を縮める恐れがあります。

インプラントの場合

インプラントのメリットとは どんな所にあるのでしょうか?

違和感がない

インプラントは、天然歯とほとんど変わらない感覚を再現することが可能です。

耐久性

入れ歯は5年、ブリッジは7年といわれるのに対し、インプラントは15年も持ちこたえるといわれます。状態が良ければさらに長持ちします。40年以上経っているものもあります。

良く噛める

入れ歯では満足に噛めないことがありますが、インプラントは強い力が加わっても安定している為、自分の歯と同じように噛むことが出来ます。

味覚が落ちない

入れ歯では、噛む力が弱くなったり、粘膜の一部が覆われたりすることで味覚が低下することがあります。インプラントでは味覚の低下する要素は見当たりません。

話しやすい

入れ歯が合っていなかったりすると発音に支障をきたすことありますが、インプラントではそのようなことが起こることはまずありません。

周りの天然歯への負担が少ない

入れ歯やブリッジでは、周囲の天然歯に負担がかかり、結果として残りの天然歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。インプラントは、残りの歯に依存することがないので全体の寿命を延ばすことが出来ます。

Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) 市川・船橋インプラントセンター All Rights Reserved.