トップページ > 治療の流れ

 治療の流れ

STEP1カウンセリング

問診表のご記入頂いた後に、検査とカウンセリングを行います。
患者様が以前どのような状況で歯を失ってしまったのか? また今後どのような治療を希望されているのかをお聞き致します。 またその時にインプラントについての詳しい内容につきましては こちらからご説明をさせて頂きます。

STEP2診断と治療計画についてのご説明

患者様のレントゲンや模型(歯型)を取らせて頂き、 また模型につきましては咬合器という装置に装着し、 最終的に理想的な被せ物やインプラントの位置や本数などを 検査に基づきご説明をさせて頂きます。 より詳しい検査が必要な場合は関連病院にて CT検査をして頂く場合がございます。

STEP3インプラント埋入

手術前に麻酔専門医による問診の後、 安全に静脈内鎮静麻酔をかけて、 麻酔専門医の許可が出てから治療が開始されます。 (インプラントの本数が1〜2本程度の場合もしくは 患者様が麻酔専門医による麻酔を希望されない場合はこの限りではありません。) 人工歯根(インプラントフィクスチャー)を顎の骨の中に埋め込みます。 手術方法は、一回法と二回法がありますが一般的には二回法が主流になります 。通常2〜3本を埋めるのに掛かる時間は麻酔がかかってから30分〜40分程度になります。

STEP4治癒期間

顎の中に埋められたインプラントフィクスチャーが、 周囲の骨と結合するまで安静な期間を置きます。 骨の状況や部位によって異なりますが、約2ヶ月から6ヵ月です。 この治癒期間に仮の歯を入れる事も可能です。 (部位によっては仮の歯が入れられない場合もあります。)

STEP5上部構造の設置

治癒期間を終了したのちに、 骨の中に埋まっているフィクスチャーと 被せ物を作る為の土台(アバットメント)を歯肉に少々切開して取り付けます。 その後2〜3週歯肉の回復を待ってから型を取ります。

STEP6上部構造のセット

上部構造(被せ物)が出来上がったら、かみ合わせをチェックして装着します。

STEP7メンテナンス

3ヶ月〜6ヵ月に一度のペースでメンテナンスを行ってまいります。
これは将来に渡り、インプラントを良い状態で保ち続ける為の大切な事です。

Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) 市川・船橋インプラントセンター All Rights Reserved.